読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンズスズメ ブログ

最初は音楽制作中心になると思います。

ジャックスって、リアルタイムでどの程度認知されていたんだろうか?

 私が世を忍ぶ仮の子供時代だった1996年、FM横浜では「jポップスイエスタデー」という、昔の邦楽ばかりが流れている、12時台の時間つぶし用と思われるプログラムがあった。

 歌番組に呼ばれなさそうな曲も結構かかっていてインターネットの普及していない当時、自分にとっては歴史を勉強をしているような感覚で聴いていた。その後番組「FM横浜リーズ」でも12時台になると同じようなことをやっていて、その時は家にいたが初めてジャックスの「時計を止めて」という曲を聴いた時、曲の普遍的なよさとそれをぶち壊さんばかりのあまりに不気味な演奏とのギャップに衝撃を受けたことを覚えている。ちなみに次の曲はクリエイションのロンリーハートという曲で、ランチタイムのBGMとしてはむしろ胃もたれするような濃さだったw

 この時すでに、私は雑誌でジャックスが日本のロックバンドの祖であることは知っていた。それで実際に聴いてみて確かにインディーズ魂に訴えるものがあるので、私は気になって西新宿のレコード屋に『ジャックスの世界』のLPをみにいこうとおもった。それで見たら、販売価格が20,000円だった。

 どっちにしろ家のレコードプレーヤーはお陀仏になっていたのでLPの入手はあきらめた。

 

 面白いなと思うのは、早川義夫氏は他人の曲をあまり聞かずに内から湧き上がる物で曲を作ろうとしていたことだ。編曲を切り離せば他のジャンルに流用しやすいわけで

だから売れなかったというわりに解散した直後から、結構カバーされてたのだろう。

 私も自分で曲を作っていると感じるのだけれど。日本でこういうことをやるときやはりどこかで洋楽のことを意識してしまう。ぜひこのような境地に達したいなあと思っている。